*

社会保険Q&A  ~労働者の代表となれる者~

公開日: : 最終更新日:2014/11/29 労働基準法 , ,

Q、就業規則や36協定を届ける際に労働者の代表が署名押印しているのですが、管理部の総務・経理担当者が代表者になってもよいのでしょうか?

 

 A、管理監督者でなければ総務・経理担当者も労働者の代表になることができます。

PAK86_biru500

労働者の過半数を代表する者とは

労働基準法では一定の労働条件の決定にあたっては労働組合等との調整を行うことを基本としています。事業所に労働者の過半数で組織する労働組合等がない場合は、労働者の過半数を代表する者(過半数代表者)を選出し、労働者側の締結当事者とすることとしています。

就業規則や時間外労働・休日労働に関する協定(36協定)を締結する際に、過半数代表者の選出が適正に行われていない場合、36協定などを締結し、労働基準監督署に届け出ても無効となるので注意が必要です。

 

労働者代表を選出するための手続き

36協定等を締結するための過半数代表者を選出することを明らかにしたうえで、投票、挙手などにより選出しましょう。

選出手続きは、投票、挙手の他に、労働者の話し合いや持ち回り決議などでも構いませんが、当該事業場の過半数の労働者がその候補者を支持していると認められる民主的な手続きがとられていることが必要です。

選出の際には、パートタイマーやアルバイトなどを含めたすべての労働者が手続きに参加できるようにしなければなりません。

※使用者の意向によって過半数代表者が選出された場合や親睦会の幹事などを自動的に過半数代表者にした場合は、その人は36協定などを締結するために選出されたわけではありませんので協定は無効となります。

 

労働者代表となることができる要件

①労働基準法第41条第2号に規定する管理監督者でないこと
 管理監督者とは、一般的には部長、工場長、事業所長など、労働条件の決定その他労務管理について経営者と一体的な立場にある人をいいます。

②協定の締結や意見聴取することを明らかにしてから選出されたものであること。
 投票、挙手など従業員の話し合い、持ち回り決議等、労働者の過半数が当該者の選任を支持していることが明確な民主的な手続により選出された者であるこ

スポンサーリンク

関連記事

働き方と労働関係法令の適用の有無

社員以外にもいろいろな働き方があります。契約社員、派遣社員、パート・アルバイト等です。これらは、呼び

記事を読む

労災保険の通勤災害が認められるか否か

労働者災害補償保険(以下「労災保険」)は昭和22年に施行され、通勤途上における災害は業務外とされ、労

記事を読む

有期労働契約から無期労働契約への転換/特例のポイント

労働契約法の改正に伴い、有期労働契約が通算で5年を超え反復更新された場合には、労働者の申込みにより、

記事を読む

改正パートタイム労働法が施行されます【平成27年4月1日施行】

パートタイム労働者の公正な待遇を確保し、納得して働くことができるように改正パートタイム労働法が平成2

記事を読む

代休と振替休日の違い

「代休」と「振替休日」は、どちらも本来は「休みである日に働いて、別の日に休みを取る」という意味では同

記事を読む

社会保険Q&A ~時間単位の有給休暇~

Q.年次有給休暇を時間単位で取得することが可能と言うことですが、どうすればよいのでしょうか。また、必

記事を読む

「時間外、休日及び深夜の割増賃金」についての考え方

使用者は、災害、公務、36協定を締結した場合等には、時間外、休日及び深夜労働をさせることができます。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク

平成30 年度の年金額改定 ~年金額は昨年度から据え置き~

総務省からの、「平成29 年平均の全国消費者物価指数」(生鮮食品を含む

現物給与の価額が改定 【平成30年4月~】

厚生年金保険および健康保険の被保険者が、労働の対償として通貨以外のもの

雇用保険二事業助成金の整理統合【平成30年4月1日~】

厚生労働省は、「雇用保険法施行規則及び建設労働者の雇用の改善等に関する

平成30年度の雇用保険料率は前年度から据え置き【平成30年4月1日~】

平成30年4月1日から平成31年3月31日までの雇用保険料率は前年度か

労災保険料率が改定されました!【平成30年4月1日施行】

労災保険料率が、平成30年4月1日より改定されました。内容は以下の通り

→もっと見る

  • 【生涯学習のユーキャン】

    テレビCMなどで有名な「生涯学習のユーキャン」は、趣味・検定・資格など幅広いジャンルの講座を取り扱う通信教育最大手の会社です。

    【LEC東京リーガルマインド】


    LEC東京リーガルマインドは、語学・不動産・福祉・簿記・法律などの講座を持つ老舗の資格学校です。特に法律系の資格に強く弁護士や司法書士などの合格はトップクラスで、法科大学院も開設しています。

    【資格の学校TAC】

    資格の学校TAC(タック)は、公認会計士や税理士など会計系の資格に強く合格率はトップクラスです。25年以上の豊富な指導実績があり、社会人でも無理なく合格スキルが身に付くよう戦略的なカリキュラムが用意されています。

    【資格の大原】
    資格の大原 社会保険労務士講座
    資格の大原は、学校法人なので学校運営・講座運営がとてもしっかりしています。コースの中に法改正講座や過去問題集、横断整理の教材などが全て入っているので安心して勉強に取り組めます。

    【通信教育のフォーサイト】


    通信教育に特化しているからこそ可能となる割安な価格。フルカラーで分かりやすいテキスト。満点を目指す勉強ではなく合格ラインをクリアすることに主眼を置く効率のいい勉強方法で高い評価を得ています。

    【資格講座のエル・エー】

    L・A(エル・エー)は2006年に設立された通信教育専門の会社です。通信教育専門とすることで、コストを下げオンライン講義付きで「99,000円」という大幅な低価格を実現しています。

    【ケイコとマナブ.net】



    「ケイコとマナブ.net」は、自宅近くの資格学校所在地や講座情報を簡単に探せ、資料請求もスムーズに出来ます。

    【資格を取るなら!総合資格ナビ】



    総合資格ナビは行政書士、社労士、簿記、公認会計士、宅建などをはじめとして、各種資格取得のための講座情報を掲載し無料で資料請求できるサイトです。

  • にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

PAGE TOP ↑