*

『国民年金法』攻略法

国民年金制度は、「老齢」「障害」「死亡」という3つの事故に対して必要な給付を行い、国民生活の安定が損なわれることを国民の共同連帯によって防止し、健全な国民生活の維持・向上に寄与することを目的としています。

昭和36年に国民年金法が創設され「国民皆年金」が確立、昭和61年に公的年金制度全般にわたる大改正が行われ「公的年金一元化」がはかられるなど、国民年金法はそれ以降も何度か重要な改正があり、本法を学ぶ上で法律の成立経緯をしっかり意識しながら勉強することが重要です。

公的年金制度の中心となる制度ですので、他年金制度と比較しながら勉強を進めるようにしましょう。

 

 出題形式 試験科目  出題数 
 択一式    国民年金法        10問  
 選択式 国民年金法  1題(5問) 

 

学習のポイント


勉強の中心となるのが、「被保険者」と「給付」に関する事項で、この2つをしっかり押さえることがポイントとなります。被保険者には自営業者やサラリーマンだけでなく、その配偶者など「強制被保険者」といわれる3つの種別があり、その違いがよく出題されています。

給付では、老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金という3つの基礎年金が勉強の柱となります。

国民年金や厚生年金をニガテとする受験生が多いのですが、勉強を進める際には公的年金制度全体を体系的にとらえることや、改正が行われた趣旨を整理していけばスムーズに理解できるようになります。

頻出問題


①「国民年金制度の目的・沿革」

公的年金制度の沿革

②「被保険者」

強制被保険者、任意加入被保険者、被保険者資格の得喪

③「被保険者期間や届出」

被保険者期間、被保険者期間の計算・届出

④「給付の通則」

併給調整、年金額等の改定

⑤「老齢基礎年金」

老齢基礎年金の支給要件、老齢基礎年金の額、振替加算、支給の繰上げ・繰下げ

⑥「障害基礎年金」

障害基礎年金の支給要件、障害基礎年金の失権・支給停止

⑦「遺族基礎年金」

遺族基礎年金の支給要件、遺族の範囲、遺族基礎年金の失権・支給停止

8「第1号被保険者特有の給付」

付加年金、寡婦年金死亡一時金

『健康保険法』攻略法

『厚生年金保険法』攻略法→

スポンサーリンク


公開日:
最終更新日:2015/10/02

スポンサーリンク

平成30年度の雇用保険料率は前年度から据え置き【平成30年4月1日~】

平成30年4月1日から平成31年3月31日までの雇用保険料率は前年度か

労災保険料率が改定されました!【平成30年4月1日施行】

労災保険料率が、平成30年4月1日より改定されました。内容は以下の通り

第50回(平成30年度)社会保険労務士試験の日程が発表されました

第50回(平成30年度)社会保険労務士試験の実施について公示され、4月

専門実践教育訓練給付金の内容が拡充!【平成30年1月施行】

平成30年1月1日以降に受講開始(改正前に入学された方は残念ながら従来

雇用保険の基本手当日額が変更!【平成29年8月1日施行】

平成29年8月1日(火)から雇用保険の「基本手当日額」が変更になります

→もっと見る

  • 【生涯学習のユーキャン】

    テレビCMなどで有名な「生涯学習のユーキャン」は、趣味・検定・資格など幅広いジャンルの講座を取り扱う通信教育最大手の会社です。

    【LEC東京リーガルマインド】


    LEC東京リーガルマインドは、語学・不動産・福祉・簿記・法律などの講座を持つ老舗の資格学校です。特に法律系の資格に強く弁護士や司法書士などの合格はトップクラスで、法科大学院も開設しています。

    【資格の学校TAC】

    資格の学校TAC(タック)は、公認会計士や税理士など会計系の資格に強く合格率はトップクラスです。25年以上の豊富な指導実績があり、社会人でも無理なく合格スキルが身に付くよう戦略的なカリキュラムが用意されています。

    【資格の大原】
    資格の大原 社会保険労務士講座
    資格の大原は、学校法人なので学校運営・講座運営がとてもしっかりしています。コースの中に法改正講座や過去問題集、横断整理の教材などが全て入っているので安心して勉強に取り組めます。

    【通信教育のフォーサイト】


    通信教育に特化しているからこそ可能となる割安な価格。フルカラーで分かりやすいテキスト。満点を目指す勉強ではなく合格ラインをクリアすることに主眼を置く効率のいい勉強方法で高い評価を得ています。

    【資格講座のエル・エー】

    L・A(エル・エー)は2006年に設立された通信教育専門の会社です。通信教育専門とすることで、コストを下げオンライン講義付きで「99,000円」という大幅な低価格を実現しています。

    【ケイコとマナブ.net】



    「ケイコとマナブ.net」は、自宅近くの資格学校所在地や講座情報を簡単に探せ、資料請求もスムーズに出来ます。

    【資格を取るなら!総合資格ナビ】



    総合資格ナビは行政書士、社労士、簿記、公認会計士、宅建などをはじめとして、各種資格取得のための講座情報を掲載し無料で資料請求できるサイトです。

  • にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

PAGE TOP ↑