*

『労務管理その他の労働に関する一般常識』攻略法

労務管理その他の労働に関する一般常識(以下、労働一般常識)は、他の科目が独立科目となっているのに対して、社会保険労務士の業務を円滑に行うための一般常識と位置づけられています。
出題の特徴としては、他の科目に比べ勉強の対象範囲が非常に広いことがあげられます。労働経済白書からの出題も多くなってきているので、細かな数字だけでなく全体の流れをつかむ勉強が必要となります。

出題形式  試験科目   出題数 
 択一式    労務管理その他の労働に関する一般常識  5問 10問
社会保険に関する一般常識  5問
 選択式 労務管理その他の労働および社会保険に関する一般常識 1題

 

学習のポイント


労働一般常識は学習すべき内容が広く、最も勉強しにくい科目のひとつです。労働関係諸法令などは20以上の法律があり、すべての分野を押さえるのは困難を極めます。ですので、出題率の高い法律とそうでもない法律に分けて、出題率の低い法律なら初めから勉強するのではなく、問題を解いて出てきたときにそこだけ勉強する方法もあります。

労務管理と労働経済は、用語を理解していれば解ける問題も多くありますので、日ごろから新聞などで用語をチェックするようにしましょう。また改正された法律は出題される傾向にありますので、特に注意が必要になります。

頻出問題


①「雇用関係」

職業安定法、労働者派遣法、高年齢者雇用安定法

②「女性、育児・介護休業等」

男女雇用機会均等法、育児・介護休業法

③「雇用や失業の動向」

雇用の動向、失業の動向

『労働保険の保険料の徴収等に関する法律』攻略法

『健康保険法』攻略法→

スポンサーリンク


公開日:
最終更新日:2015/10/02

スポンサーリンク

平成30年度の雇用保険料率は前年度から据え置き【平成30年4月1日~】

平成30年4月1日から平成31年3月31日までの雇用保険料率は前年度か

労災保険料率が改定されました!【平成30年4月1日施行】

労災保険料率が、平成30年4月1日より改定されました。内容は以下の通り

第50回(平成30年度)社会保険労務士試験の日程が発表されました

第50回(平成30年度)社会保険労務士試験の実施について公示され、4月

専門実践教育訓練給付金の内容が拡充!【平成30年1月施行】

平成30年1月1日以降に受講開始(改正前に入学された方は残念ながら従来

雇用保険の基本手当日額が変更!【平成29年8月1日施行】

平成29年8月1日(火)から雇用保険の「基本手当日額」が変更になります

→もっと見る

  • 【生涯学習のユーキャン】

    テレビCMなどで有名な「生涯学習のユーキャン」は、趣味・検定・資格など幅広いジャンルの講座を取り扱う通信教育最大手の会社です。

    【LEC東京リーガルマインド】


    LEC東京リーガルマインドは、語学・不動産・福祉・簿記・法律などの講座を持つ老舗の資格学校です。特に法律系の資格に強く弁護士や司法書士などの合格はトップクラスで、法科大学院も開設しています。

    【資格の学校TAC】

    資格の学校TAC(タック)は、公認会計士や税理士など会計系の資格に強く合格率はトップクラスです。25年以上の豊富な指導実績があり、社会人でも無理なく合格スキルが身に付くよう戦略的なカリキュラムが用意されています。

    【資格の大原】
    資格の大原 社会保険労務士講座
    資格の大原は、学校法人なので学校運営・講座運営がとてもしっかりしています。コースの中に法改正講座や過去問題集、横断整理の教材などが全て入っているので安心して勉強に取り組めます。

    【通信教育のフォーサイト】


    通信教育に特化しているからこそ可能となる割安な価格。フルカラーで分かりやすいテキスト。満点を目指す勉強ではなく合格ラインをクリアすることに主眼を置く効率のいい勉強方法で高い評価を得ています。

    【資格講座のエル・エー】

    L・A(エル・エー)は2006年に設立された通信教育専門の会社です。通信教育専門とすることで、コストを下げオンライン講義付きで「99,000円」という大幅な低価格を実現しています。

    【ケイコとマナブ.net】



    「ケイコとマナブ.net」は、自宅近くの資格学校所在地や講座情報を簡単に探せ、資料請求もスムーズに出来ます。

    【資格を取るなら!総合資格ナビ】



    総合資格ナビは行政書士、社労士、簿記、公認会計士、宅建などをはじめとして、各種資格取得のための講座情報を掲載し無料で資料請求できるサイトです。

  • にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

PAGE TOP ↑