*

独学について

独学で資格取得を目指す場合の、メリット、デメリットについて考えてみましょう。

メリット


① 費用が安くすむ
書店などで各種資格に合った、参考書、過去問題集や月刊情報誌が販売されていますので、それを使用すれば費用をあまりかけずに勉強を始めることができます。

② 自分のペースで勉強ができる
いろいろな参考書等が販売されていますので、自分の好み・レベルにあったものを選ぶことができます。勉強スケジュールも自由に組み立てることができるので、教材・講義に追われることもありません。

③ リスクが少ない
通信教育、資格学校を利用した場合は、教材の内容、講義のペースが合わなかったときのリスクがありますが、独学ではそれが少なくてすみます。また何かの理由で勉強を中断・中止する場合のリスクもわずかで済みます。

⇒独学者の社労士基本テキストの選び方

buj0035-001

デメリット


① 効率のよい勉強が難しい
資格試験は必ず合格基準がありますので、満点を取る必要はありません。資格学校等を利用する場合は、効率よく合格基準に達する為のノウハウがありますので、最短で合格を目指すことができます。
独学の場合は、合格基準に達するためのポイントの理解や勉強方法を確立するまでに時間がかかってしまいます。

② モチベーション維持が難しい
独学の場合は勉強方法、勉強時間を決められる自由はありますが、逆に自由に勉強を中断してしまう可能性も高くなります。

③ 情報収集が難しい
法律系の資格などでは特にそうですが、最新の法改正部分が出題される傾向にあります。その情報を収集するために、HP等をこまめにチェックする、あるいは関係行政機関に問い合わせる、又は法改正内容が掲載されている参考書等を個別に購入する必要があります。
資格学校の申込内容によっては逐次、法改正情報を伝えてくれる学校もあります。

ポイント

独学のメリットはなんと言っても、費用を安くおさえられることです。費用が安い分のハンデもありますが、ある程度の法律知識がある方であれば十分合格することができると思います。独学のメリット、デメリットをよく考えて自分にあった勉強法を選んでいきましょう。

←勉強方法の選択

ハイブリッド型勉強法→

スポンサーリンク


公開日:
最終更新日:2015/10/02

スポンサーリンク

平成30年度の雇用保険料率は前年度から据え置き【平成30年4月1日~】

平成30年4月1日から平成31年3月31日までの雇用保険料率は前年度か

労災保険料率が改定されました!【平成30年4月1日施行】

労災保険料率が、平成30年4月1日より改定されました。内容は以下の通り

第50回(平成30年度)社会保険労務士試験の日程が発表されました

第50回(平成30年度)社会保険労務士試験の実施について公示され、4月

専門実践教育訓練給付金の内容が拡充!【平成30年1月施行】

平成30年1月1日以降に受講開始(改正前に入学された方は残念ながら従来

雇用保険の基本手当日額が変更!【平成29年8月1日施行】

平成29年8月1日(火)から雇用保険の「基本手当日額」が変更になります

→もっと見る

  • 【生涯学習のユーキャン】

    テレビCMなどで有名な「生涯学習のユーキャン」は、趣味・検定・資格など幅広いジャンルの講座を取り扱う通信教育最大手の会社です。

    【LEC東京リーガルマインド】


    LEC東京リーガルマインドは、語学・不動産・福祉・簿記・法律などの講座を持つ老舗の資格学校です。特に法律系の資格に強く弁護士や司法書士などの合格はトップクラスで、法科大学院も開設しています。

    【資格の学校TAC】

    資格の学校TAC(タック)は、公認会計士や税理士など会計系の資格に強く合格率はトップクラスです。25年以上の豊富な指導実績があり、社会人でも無理なく合格スキルが身に付くよう戦略的なカリキュラムが用意されています。

    【資格の大原】
    資格の大原 社会保険労務士講座
    資格の大原は、学校法人なので学校運営・講座運営がとてもしっかりしています。コースの中に法改正講座や過去問題集、横断整理の教材などが全て入っているので安心して勉強に取り組めます。

    【通信教育のフォーサイト】


    通信教育に特化しているからこそ可能となる割安な価格。フルカラーで分かりやすいテキスト。満点を目指す勉強ではなく合格ラインをクリアすることに主眼を置く効率のいい勉強方法で高い評価を得ています。

    【資格講座のエル・エー】

    L・A(エル・エー)は2006年に設立された通信教育専門の会社です。通信教育専門とすることで、コストを下げオンライン講義付きで「99,000円」という大幅な低価格を実現しています。

    【ケイコとマナブ.net】



    「ケイコとマナブ.net」は、自宅近くの資格学校所在地や講座情報を簡単に探せ、資料請求もスムーズに出来ます。

    【資格を取るなら!総合資格ナビ】



    総合資格ナビは行政書士、社労士、簿記、公認会計士、宅建などをはじめとして、各種資格取得のための講座情報を掲載し無料で資料請求できるサイトです。

  • にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

PAGE TOP ↑