*

スケジュール

資格予備校や市販テキストなどは、9月下旬か10月頃に新しい講座などが始まり、翌年8月下旬の本試験を目指す場合が多いので勉強時間の限られている社会人としては、約1年の勉強スケジュールを組むのがスタンダードといえます。

その場合、1日の平均勉強時間は2時間くらい必要でしょう。勉強はダイエット一緒で毎日コツコツ続けていくことで一番効果があがりますので、試験当日を見すえてスケジュールに沿って勉強を進めていきましょう。

▶1年合格スケジュール

基礎力充実期間


09月 じっくり基本書を読み過去問の該当箇所を丁寧に分析する
10月 ハリキリすぎて色々な教材に手を出さず基礎固めに徹する
11月 インプットだけでなく必ずアウトプットも並行して進める
12月 途中で挫折しないように無理なスケジュールは組まない

応用力養成期間


01月 メイン教材は基本書と過去問
02月 過去問を何度も解いて出題形式に慣れる
03月 中だるみをしないよう時間管理を意識する
04月 自分の苦手分野を把握し早めに克服しておく
05月 法改正・白書対策を進める

実力養成期間


06月 全国統一模試などを受けて実践感覚を磨く
07月 横断学習で各科目のポイントをつかむ
08月 年度別過去門を時間を意識しながら解く

wmn0099-001

学習のポイント

社会保険労務士試験は、各科目に最低ラインが設定してあり総得点が合格基準点を上回っていても、選択式・択一式ともに各科目で約6割以上の正解率がないと基準を満たさず不合格となってしまいます。

このことからバランスのよい知識をもつ人が合格となりますので、どの科目のどの部分が苦手なのかをはっきりと確認する作業を早めに行っておくことが必要となります。

勉強を進めていくと、基本書を読んでも過去問を解いても、どうしても理解できない部分がでてきます。それを理解し克服するのは時間がかかりつらい作業ですが、嫌なことを後回しにせずバランスよく勉強し、苦手教科をつくらないようにすることが合格への近道なのです。

6ヶ月合格スケジュール→

スポンサーリンク


公開日:
最終更新日:2015/10/02

スポンサーリンク

平成30年度の雇用保険料率は前年度から据え置き【平成30年4月1日~】

平成30年4月1日から平成31年3月31日までの雇用保険料率は前年度か

労災保険料率が改定されました!【平成30年4月1日施行】

労災保険料率が、平成30年4月1日より改定されました。内容は以下の通り

第50回(平成30年度)社会保険労務士試験の日程が発表されました

第50回(平成30年度)社会保険労務士試験の実施について公示され、4月

専門実践教育訓練給付金の内容が拡充!【平成30年1月施行】

平成30年1月1日以降に受講開始(改正前に入学された方は残念ながら従来

雇用保険の基本手当日額が変更!【平成29年8月1日施行】

平成29年8月1日(火)から雇用保険の「基本手当日額」が変更になります

→もっと見る

  • 【生涯学習のユーキャン】

    テレビCMなどで有名な「生涯学習のユーキャン」は、趣味・検定・資格など幅広いジャンルの講座を取り扱う通信教育最大手の会社です。

    【LEC東京リーガルマインド】


    LEC東京リーガルマインドは、語学・不動産・福祉・簿記・法律などの講座を持つ老舗の資格学校です。特に法律系の資格に強く弁護士や司法書士などの合格はトップクラスで、法科大学院も開設しています。

    【資格の学校TAC】

    資格の学校TAC(タック)は、公認会計士や税理士など会計系の資格に強く合格率はトップクラスです。25年以上の豊富な指導実績があり、社会人でも無理なく合格スキルが身に付くよう戦略的なカリキュラムが用意されています。

    【資格の大原】
    資格の大原 社会保険労務士講座
    資格の大原は、学校法人なので学校運営・講座運営がとてもしっかりしています。コースの中に法改正講座や過去問題集、横断整理の教材などが全て入っているので安心して勉強に取り組めます。

    【通信教育のフォーサイト】


    通信教育に特化しているからこそ可能となる割安な価格。フルカラーで分かりやすいテキスト。満点を目指す勉強ではなく合格ラインをクリアすることに主眼を置く効率のいい勉強方法で高い評価を得ています。

    【資格講座のエル・エー】

    L・A(エル・エー)は2006年に設立された通信教育専門の会社です。通信教育専門とすることで、コストを下げオンライン講義付きで「99,000円」という大幅な低価格を実現しています。

    【ケイコとマナブ.net】



    「ケイコとマナブ.net」は、自宅近くの資格学校所在地や講座情報を簡単に探せ、資料請求もスムーズに出来ます。

    【資格を取るなら!総合資格ナビ】



    総合資格ナビは行政書士、社労士、簿記、公認会計士、宅建などをはじめとして、各種資格取得のための講座情報を掲載し無料で資料請求できるサイトです。

  • にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

PAGE TOP ↑