*

社労士とは

受験資格は? どういう試験なの? むずかしいって聞いてるけど?
独学で合格できるの? 合格後はどうすればいいの? 資格で食べていけるの?
など、これから社会保険労務士を目指す人に社労士の全体像を分かりやすく説明します。

社会保険労務士(社労士)の仕事とは?

社会保険労務士の仕事は、大きく3つに分けることができます。
1号・2号業務は社会保険労務士に与えられた独占業務です。

1号業務 「提出書類の手続き代行」 “独占業務”


労働者社会保険諸法令に基づく申請書等の作成および提出に関する手続き代行を行います。
例えば…
・労働基準法、雇用保険法、国民・厚生年金法など申請書類等の提出
・休業補償給付、出産手当金、傷病手当金などの請求
・雇用保険、社会保険の加入・脱退、各種助成金などの請求

2号業務 「帳簿書類の作成事務」 “独占業務”


労働基準法等により作成義務のある書類の作成を行います。
・労働者名簿、賃金台帳
・就業規則、三六協定などの各種労使協定の作成・届出

社労士とは

3号業務 「コンサルティング」


労働社会保険や労務管理に関する相談や指導を行います。
近年、人事・労務のスペシャリストとして、労使トラブル解消、賃金制度の改定、就業規則の見直しなど、その企業に合ったアドバイスを行うことができる人材が求められています。

その他


その他社労士にできる仕事はたくさんあります。
・企業研修
社内教育訓練の講師として
・講演
人事・労務担当者に対する労務管理、企業年金等の講演
一般の方に対する年金等の講演
・受験指導
専門学校等での講師
独自の学習教材を作成し受験指導

社会保険労務士の活躍の場所は→

スポンサーリンク


公開日:
最終更新日:2015/10/02

スポンサーリンク

平成30年度の雇用保険料率は前年度から据え置き【平成30年4月1日~】

平成30年4月1日から平成31年3月31日までの雇用保険料率は前年度か

労災保険料率が改定されました!【平成30年4月1日施行】

労災保険料率が、平成30年4月1日より改定されました。内容は以下の通り

第50回(平成30年度)社会保険労務士試験の日程が発表されました

第50回(平成30年度)社会保険労務士試験の実施について公示され、4月

専門実践教育訓練給付金の内容が拡充!【平成30年1月施行】

平成30年1月1日以降に受講開始(改正前に入学された方は残念ながら従来

雇用保険の基本手当日額が変更!【平成29年8月1日施行】

平成29年8月1日(火)から雇用保険の「基本手当日額」が変更になります

→もっと見る

  • 【生涯学習のユーキャン】

    テレビCMなどで有名な「生涯学習のユーキャン」は、趣味・検定・資格など幅広いジャンルの講座を取り扱う通信教育最大手の会社です。

    【LEC東京リーガルマインド】


    LEC東京リーガルマインドは、語学・不動産・福祉・簿記・法律などの講座を持つ老舗の資格学校です。特に法律系の資格に強く弁護士や司法書士などの合格はトップクラスで、法科大学院も開設しています。

    【資格の学校TAC】

    資格の学校TAC(タック)は、公認会計士や税理士など会計系の資格に強く合格率はトップクラスです。25年以上の豊富な指導実績があり、社会人でも無理なく合格スキルが身に付くよう戦略的なカリキュラムが用意されています。

    【資格の大原】
    資格の大原 社会保険労務士講座
    資格の大原は、学校法人なので学校運営・講座運営がとてもしっかりしています。コースの中に法改正講座や過去問題集、横断整理の教材などが全て入っているので安心して勉強に取り組めます。

    【通信教育のフォーサイト】


    通信教育に特化しているからこそ可能となる割安な価格。フルカラーで分かりやすいテキスト。満点を目指す勉強ではなく合格ラインをクリアすることに主眼を置く効率のいい勉強方法で高い評価を得ています。

    【資格講座のエル・エー】

    L・A(エル・エー)は2006年に設立された通信教育専門の会社です。通信教育専門とすることで、コストを下げオンライン講義付きで「99,000円」という大幅な低価格を実現しています。

    【ケイコとマナブ.net】



    「ケイコとマナブ.net」は、自宅近くの資格学校所在地や講座情報を簡単に探せ、資料請求もスムーズに出来ます。

    【資格を取るなら!総合資格ナビ】



    総合資格ナビは行政書士、社労士、簿記、公認会計士、宅建などをはじめとして、各種資格取得のための講座情報を掲載し無料で資料請求できるサイトです。

  • にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ

PAGE TOP ↑